ギャンブル業界の音楽 (ポップミュージック)

音楽は国境を超えることができる世界の共通語です。サウンドを通して人間愛を表現し、どこに住んでいようとも、どの言語を話そうとも、すべての人の心に届くアートであると言えます。ギャンブルと音楽のコラボは決して新しいことではなく、もう何十年も続いています!あらゆる形のアートがカジノリゾートに取り入れられており、有名ミュージシャンによる数多くの名曲もその例外ではありません。ギャンブルやゲームは常に多くのアーティストにインスピレーションを与えており、カジノを歌にしたミュージシャンも少なくはありません。ポップミュージック、ヒップホップ、ロックンロールなど、ギャンブルはさまざまなジャンルによってカバーされています。

数千年もの間、運がものをいうゲームは人類の文明と切っても切れない関係にあります。それ故にゲームが音楽業界のトピックになることも自然なことと言えるでしょう。ギャンブルとエンターテイメントが結びついた神秘的な場所、ラスベガスでは、この街からインスピレーションを受けた多数の音楽界のスターを迎えてきました。

カジノ業界の人気に伴い、最近では多数の楽曲がオンラインスロットやカジノゲームの世界に進出しています。あらゆる音楽ジャンルの超ヒット曲がギャンブルの BGM に使われています。

音楽がギャンブルに与えるポジティブな影響

音楽はギャンブルとプレイヤーにさまざまな影響を与えています。ここではいくつかのポジティブな例をご紹介します。

  • ポーカー、スロット、ルーレットなど、さまざまなゲームをプレイする際、音楽はプレイヤーにやる気を与えてくれます。
  • BGM を流すことにより、カジノの雰囲気が良くなります。
  • 音楽はプレイヤーにエネルギーを与えてくれるので、より長い時間ギャンブルを楽しめるようになるでしょう。
  • 音楽は多くの人に愛されています。雰囲気に合った曲をかけることにより、たくさんのプレイヤーがカジノに惹きつけられることでしょう。
  • 音楽はアドレナリンを高め、プレイヤーの幸福感と満足感を生み出します。

カジノ業界における人気ソング

エルビス・プレスリー – ラスベガス万歳

カジノの豪華さや魅力について歌われている曲で、この曲と同じタイトルの映画が製作されています。世界的に大ヒットしたナンバーです。オンラインカジノのビデオスロットをプレイしてみればこの「ラスベガス万歳」のメロディがゲームに完璧にマッチしていることを実感できることでしょう。

アイアン・メイデン – 天使とギャンブラー

この曲では、主人公のギャンブラーが何度も自分は救世主であるかどうか自問している姿が歌われています。英国の伝説のヘヴィメタルバンドの名曲です!高音ボーカルのブルース・ディッキンソンがバンドに所属する前の 1998 年に作られた曲です。当時のフロントマンはブレイズ・ベイリーでした。

フランク・シナトラ – ラック・ビー・ア・レディ

こちらはちょっと聞いてみただけだとラブソングのように聞こえるかもしれませんが、実際はそうではありません。この曲の中で、主人公は、トランプゲームをプレイしており、ギャンブルの神さまに勝利を願う様子が描かれています。

ケニー・ロジャース – ザ・ギャンブラー

1978 年にレコーディングされたこちらの曲は、カントリーミュージックの名曲です。今現在も特にアメリカで多くの人に愛されています。ケニーはこの曲の中で人生で幸せをつかむためにはテクニックが重要だと歌っています。

ローリングストーンズ – カジノ・ブギー

この曲でははっきりとギャンブルについて歌われているわけではありませんが、かの有名な「ストーンズ」が、アルバムをレコーディングするためにモンテ・カルロのカジノへ定期的に訪れていたことはとても有名です。

レディ・ガガ – ポーカーフェイス

人生における駆け引きをトランプのポーカーに例えて表現した大ヒット曲です。セクシャリティーや恋愛というテーマを歌詞に匂わせています。